【プレスリリース】「はやぶさ2」初期分析チーム 2021年6月より試料の分析開始

小惑星探査機「はやぶさ2」は2020年12月に小惑星リュウグウから帰還し,サンプルリターンに成功しました.サンプルコンテナの内部の粒子は,本年6月以降,「はやぶさ2」プロジェクト初期分析チームが一年間,分析をおこない,太陽系の起源と進化,地球の海や生命の原材料物質に関する成果をあげることをめざします.A02 分析班がこの初期分析を主導します.詳細はこちらから https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/info/7344/