【プレスリリース】炭素質隕石から遺伝子の主要核酸塩基5種すべてを検出~地球上での生命の起源・遺伝機能の前生物的な発現に迫る~

第1回公募研究代表(A02分析班)・大場康弘さんらの研究グループは,最古の太陽系物質である炭素質隕石から,全ての生物のDNA・RNAに含まれる核酸塩基5種(ウラシル,シトシン,チミン,アデニン,グアニン)すべての同時検出に世界で初めて成功しました.本成果によって,生命誕生前にも多様な核酸塩基類が地球上に供給されていたことが強く示唆され,始原的な分子進化における最初の遺伝機能発現の過程を読み解く鍵になると期待されています.詳細はこちらから.
https://www.hokudai.ac.jp/news/2022/04/5-8.html
https://www.hokudai.ac.jp/news/pdf/220427_pr.pdf